ルナメアacでの上手な洗顔方法

ルナメアacでの上手な洗顔方法

頬やおでこ、鼻やフェイスラインのニキビ対策を考えているのならば、
ルナメアacで正しい洗顔方法を実施しなければなりません。

 

洗顔は皮脂やホコリなどの付着した汚れを取り除き、
毛穴を綺麗にして肌のターンオーバーを促す効果があります。

 

毎日何気なく洗顔をしている方は多いものの、
間違った方法だと酸化した皮脂によって老化を引き起こす過酸化脂質が生成されたり
、肌にダメージが加わったりとニキビの原因に繋がるのです。

 

そこで、肌トラブルを対策するために以下ではルナメアacでの上手な洗顔方法をご紹介しているので、一度実践してみてください。

 

  • 手に付着している雑菌を落とすためにハンドソープで綺麗に洗う
  • 34℃〜38℃程度のぬるま湯で最初に下洗いをして毛穴を開かせる
  • 下洗いではなく湯船に入ったり蒸しタオルを当てたりするのも可
  • 泡立てネットを使って洗顔料でモコモコの泡を作る
  • Tゾーン→Uゾーンの順番で肌へと馴染ませていく
  • クルクルと全体をマッサージするような感覚で洗っていく
  • 擦って肌へと無駄な刺激を与えないようにするのがポイント
  • ぬるま湯を使って泡が顔に残らないように丁寧に濯ぐ
  • 清潔なタオルを使用して顔の水気を拭き取る
  • 直ぐに化粧水や美容液を使って肌の保湿を行う

 

上記のように正しい方法で実践していれば肌の汚れをルナメアacで効率良く取り除き、
潤いのある状態を維持できるのでニキビ対策として非常におすすめです。

 

ニキビ対策に適した洗顔の回数はどのくらい?

 

ニキビ肌で悩んでいる方は、
「洗顔の回数を増やせば増やすほど汚れが落ちて効果的」と考えているかもしれません。

 

確かに肌の皮脂や汚れが毛穴の中に詰まり、
その場所に雑菌が繁殖することでニキビが形成されて炎症が進んでいきます。

 

しかし、市販の洗顔料には特に刺激的な成分が含まれており、
洗顔の回数を増やせば増やすほどボロボロの状態になるのです。
※ルナメアacには含まれていません

 

あくまでも汚れや無駄な角質を取り除くのが洗顔の目的で、
分泌されている皮脂を全て除去すれば良いわけではありません。

 

私たちの皮脂は肌の潤いを保ったり紫外線の刺激から守ったりという働きも持っているため、
基本的には朝と晩の1日に2回で十分なのです。

 

個人の肌質や季節によっては乾燥しやすいので、1日に1回でも十分という方は多いでしょう。

 

10代の思春期ニキビの場合は皮脂の過剰分泌が原因なので、
多少は洗顔の回数を増やすのは選択肢の一つとなっています。

 

一方で、大人ニキビは肌の乾燥によって引き起こされているケースが多く、
「洗顔は1日に2回まで」「ゴシゴシと擦らない」「洗顔後に保湿ケアを行う」という点に注意してください。

 

 

ルナメアacの口コミまとめはこちらから