同じ場所にニキビができるのは布団や枕など寝具に原因がある

同じ場所にニキビができるのは布団や枕など寝具に原因がある

 

何度も同じ場所に引き起こされているニキビで悩んでいる方は、布団や枕など寝具に原因が潜んでいるかもしれません。

 

布団や枕は私たちが寝るために欠かせないグッズで、そのカバーは毎日長時間に渡って肌へと触れています。

 

パっと見ただけでは汚れが付いていなくても、睡眠中に分泌された皮脂や汗で想像以上に汚れて不衛生な状態になっており、ダニの繁殖によって肌に付着してニキビの原因に繋がるのです。

 

夏場や冬場など季節によって多少の違いはあるものの、私たちは1回の睡眠で平均してコップ1杯分の寝汗をかいています。

 

つまり、長期間に渡って布団カバーや枕カバーをそのままの状態で使用していると、見た目では分からないほど汚れているので注意した方が良いでしょう。

 

寝具の汚れによるダニの繁殖でニキビや吹き出物といった肌荒れだけではなく、アレルギー症状を引き起こす原因になります。

 

洗濯してから1週間程度放置しただけでも布団カバーや枕カバーには100匹を超えるダニが生息するため、小まめに洗って清潔な状態を保たなければならないのはお分かり頂けるはずです。

 

毎日洗うのは面倒かもしれないので、最低でも1週間に1回のペースで洗濯して綺麗な状態で眠るのが良いかもしれません。

 

また、カバーだけではなく布団や枕も定期的に天日干しして、ダニを繁殖させないようにするのもニキビの予防として大切です。

 

ベッドの上にマットレスを敷いている人は天日干しできないかもしれませんが、ダニは人間の皮脂やフケをエサにして繁殖しており、1平方メートルあたり約10万匹も棲み付いています。

 

そこで、快適な睡眠を得るためにも以下のように正しい方法で布団や枕を干しましょう。

 

  • 湿気が多い雨上がりはできる限り避ける
  • 湿度の低い午前10時から午後3時までに干す
  • 表面だけではなく裏面にも太陽の光を当てる
  • 布団を叩くとダニのフンや死骸が散らばるので注意が必要

 

太陽の光に当てても全てのダニを除去できるわけではないので、掃除機を使って吸い取るのがおすすめです。

 

一人暮らしの男性は特に面倒くさがって定期的に天日干しができないかもしれないので、窓を開けて換気したり除菌スプレーを使用したりと寝具の清潔さを保つ必要があります。

 

上記のような点を心掛けていれば、身体の外側から引き起こされるニキビを予防できるはずです。

 

頬や身体にニキビが形成されやすい人は布団や枕に原因が潜んでいるかもしれないので、一度寝具を見直してみてください。