大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因、産婦人科でも治せる?

大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因、産婦人科でも治せる?

思春期ニキビが皮脂の過剰分泌が原因になりやすいのに対して、大人ニキビはホルモンバランスの乱れが原因だと考えられています。

 

数多くのホルモンの中でも男性ホルモンのテストステロンやアンドロゲンには、角質の柔軟性を失わせて皮脂を過剰分泌させ、バリア機能を低下させる働きがあるのです。

 

正常な状態ならば特に問題はないものの、ストレスが過度に溜まった際に副腎皮質から分泌されるコルチゾールが増えると、男性ホルモンが過剰になって皮脂量が増えて毛穴の中に詰まってニキビの原因に繋がります。

 

「女性には男性ホルモンがないから皮脂は分泌されない」と思っている方は多いかもしれませんが、女性の体内にも男性ホルモンは存在するのです。

 

それに、女性の体内には以下の2種類の女性ホルモンが流れています。

 

黄体ホルモン(プロゲステロン):妊娠の継続をサポートして女性の身体を守っている
卵胞ホルモン(エストロゲン):女性らしい身体や肌を作って妊娠の準備をする

 

女性の身体は排卵と月経を繰り返し、プロゲステロンとエストロゲンが交互に優位となる状態が続くのが特徴です。

 

しかし、何かしらの理由でホルモンバランスが乱れると、男性ホルモンと似たような働きをする黄体ホルモン(プロゲステロン)が増え過ぎて皮脂の分泌量が増し、ニキビが肌に形成されやすくなります。

 

排卵から生理前にかけては女性の体内で黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌量が増えやすく、だからこそ生理前はニキビなどの肌荒れで悩まされやすいのではないでしょうか。

 

生理周期によって分泌されるホルモンの量が変わるのは自然な現象なので致し方ないものの、以下のような原因でホルモンバランスが乱れやすくなるので注意が必要です。

 

  • 精神的なストレスを抱えている
  • 睡眠不足の日々が続いている
  • 卵巣の疲労によって機能が低下している
  • 卵巣の腫瘍など何かしらの病気を患っている
  • インスタント食品やファーストフード食品など食生活が乱れている
  • 無理なダイエットで栄養不足の状態が続いている
  • 冷え性の症状が悪化している

 

上記のような理由で知らず知らずのうちにホルモンバランスが乱れ、ニキビなどの肌荒れが生じやすくなっている女性は数多くいらっしゃいます。

 

ホルモンバランスの乱れによるニキビを産婦人科で治そう

 

不規則な生活によるホルモンバランスの乱れではなく、卵巣の病気が陰に潜んでいることもあります。

 

そのため、いつまで経っても治らないニキビで悩んでいる女性は、産婦人科へと足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

「たかがニキビで産婦人科を受診したくない」と考える気持ちは大いに分かります。

 

もちろん、ニキビは皮膚の病気なので皮膚科を受診するのが普通かもしれませんが、原因によっては産婦人科の方が適しているケースが意外にも多いのです。

 

特に、卵巣の病気ではなくてもホルモンバランスの乱れでニキビは形成されやすく、産婦人科を受診すると抗生物質や低用量ピルといった医薬品が処方されます。

 

毎日のスキンケアで改善を図れないのならば、専門医の指示に従って対処してみてください。