アクネ菌はニキビができる全ての原因というわけではありません

アクネ菌はニキビができる全ての原因というわけではありません

頬やおでこ、鼻といった部位のニキビはアクネ菌が原因だと考えられています。

 

アクネ菌とはアクネ桿菌と呼ばれる細菌で、正式名称はプロピオバクテリウム・アクネスです。

 

あまり聞いたことがないかもしれませんが、誰の肌にも棲み付いている皮膚常在菌の一つで、毛穴に詰まった皮脂をエサにして繁殖します。
増えすぎたアクネ菌によって毛穴が炎症を引き起こし、ニキビが肌に形成されるというメカニズムです。

 

 

「何かしらの理由で皮脂が増える」⇒「毛穴に詰まる」⇒「アクネ菌が増殖する」⇒「炎症を起こす」という流れでニキビが形成されるのは間違いありません。

 

しかし、ニキビができる全ての原因というわけではありませんし、アクネ菌には以下のような働きも持ち合わせています。

 

 

  • 皮膚という住処を提供する代わりに肌を弱酸性に保って外部の病原菌から守ってくれる
  • 余分に分泌された皮脂を食べて最適な肌のバランスを保ってくれる

 

 

私たちの皮膚にとって無駄な存在というわけではなく、むしろ異常繁殖していなければ美肌を作るサポートをしてくれるのです。

 

アクネ菌だけではなく、表皮ブドウ球菌やマラセチア菌も皮膚常在菌の一種で、完全にゼロにすることはできません。

 

ニキビを治すためにアクネ菌を殺菌した方が良いの?

 

アクネ菌の繁殖が限度を超えると炎症が酷くなってニキビの原因に繋がるため、肌トラブルを防ぐためにも殺菌する必要があります。

 

皮脂が詰まった毛穴の中はアクネ菌にとって生息しやすい環境で、免疫反応によって白血球の攻撃を受けて赤く腫れたようなニキビが形成されるというメカニズムです。

 

そこで、アクネ菌を殺菌するためには以下のような成分が効果的で、ニキビを治すクリームやジェルといった化粧品の中にも配合されています。

 

  • イソプロピルメチルフェノール:殺菌作用や抗菌作用が強い
  • エタノール:皮膚科で処方されるニキビの治療薬に含まれている
  • サリチル酸:アクネ菌を殺菌したり角質を柔らかくしたりという作用を持つ
  • ピオニン:大腸菌を死滅させるほどの防腐作用や抗菌作用を持つ
  • イオウ:殺菌作用のあるミネラル分の一種で化粧品や医薬品に含まれている
  • グリチルリチン酸:比較的刺激が少なく炎症を和らげる作用を持つ

 

上記のような成分が含まれた化粧品や医薬品を使用し、スキンケアを行っていればアクネ菌の増殖を防げるはずです。

 

しかし、あくまでも適度なアクネ菌の量を保たなければならず、エタノールやアルコールの原液を直接塗るようなケアは危険なので絶対に行ってはいけません。

 

殺菌に力を入れ過ぎているとニキビを治すどころか症状の悪化に繋がるため、洗顔で余分な皮脂を除去したり皮脂の過剰分泌を防ぐビタミンB群を摂取したりというケアで増殖を防いでください。

 

ルナメアacでの上手な洗顔方法